検索

キャブレターDAAZ-4178:仕様と調整

100年以上にわたり、キャブレターはほとんどのガソリン車。この装置の操作は、燃焼室に入る空気とガソリン蒸気の混合物を調製することにある。キャブレターDAAZ-4178がどのようにその仕様を学び、その仕事を調整する方法を学ぶかを考えてください。

UAZ車とヴォルガ車のDAAZ

自動車UAZの多くの所有者だけでなく、402番目のエンジンを搭載する「ヴォルガ」は彼らの車のためのキャブレターの選択に興味があります。市場に存在するすべてのソリューションを分析する場合は、Dmitrov Aggregate Plantのデバイスがこれらのエンジンに最適です。

ダーズキャブレター4178

DAAZ - 4178キャブレターは、ドライバーの間で非常に人気の高いモデルと見なされます。それはあなたがエンジンのダイナミクスを大幅に改善することを可能にします、そしてまた、適切に調整されるならば、また燃料消費量の減少につながります。

キャブレター装置

これらのユニットは調理用に設計されています良質の可燃性の混合物。その後、ユニットはそれを燃焼室に送ります。混合物中の燃料の比率は、装置を通過する空気の量に正比例します。

定規4178は2つの部屋ですエマルジョン系一般的に、DAAZ-4178-1107010-30キャブレターを含む全範囲が同じ装置を持っています。これらのキャブレターではすべての効果的で実績のある技術を使用していました。ここでは、よりバランスのとれたフロートチャンバー、ダンパーの連続開放システム、その他の技術の存在に注目することができます。

装置は標準的なノードから組み立てられ、単位と他のデザインと実質的に違いはありません。キャブレターは、主投与タンク、無負荷システム、過渡システム、ポンプ、エコノスタット、およびアイドルエコノマイザで構成されています。

キャブレターDAAZ-4178 - 仕様書・スペックシート

各主要システムの目的を検討してください。このユニットこのモデルは多くのドライバーによって選ばれています。インデックス30と40のモデルは、VolgaとUAZに適しています。これらのマシンの所有者はそのようなデバイスについて非常によく話します。カスタマイズには幅広い選択肢があり、問題はほとんどありません。

一次投与システム

このシステムは必要なものを供給するように設計されていますエンジンの異なる運転モードにおける混合燃料の量。彼女はアイドリングを除くすべてのモードで動作することができます。したがって、中程度のエンジン負荷では、投与システムは一定の組成の希薄混合気を供給しなければならない。

私達が最も簡単な装置を考慮すれば最も単純な設計では、DAAZ-4178キャブレターの技術的特性を見て、スロットルバルブが開くと、空気はアトマイザーからチャンバーに入る消費される燃料よりも遅くディフューザーを通過します。したがって、混合物は濃縮されている。混合気が濃くなり過ぎるのを防ぐために、エンジニアは混合気と空気比の比を補正する可能性を予想しています。スロットルバルブを使用して、空気の量と量を調整できます。キャブレターユニットでは、このような回収プロセスは投与システムです。

DAAZのほとんどのモデルでは、これらの方法混合燃料の組成の補正はエアブレーキに基づいています。それで、燃料が入ってきて、それからフロートチャンバーからではなく、特別なエマルジョンチャンネルを通してスプレーされます。これは特別な管です。管の壁には特別な技術的な穴があります。それらはジェットの頂部から入る空気の放出に寄与する。そこでは、このチャネル内で混合プロセスが起こり、混合物自体がこれらの技術的開口部から出ることができる。

スロットルが開くとダンパーし、混合物の真空度と体積を増やします。ノズルを通過する燃料の量と空気の量も増やします。空気の量は燃料の量に完全に比例します。これは補償を提供します。

調整キャブレターダアーズ4178 1107010

つまり、SDSは小さい、中程度の、そして高い負荷とモードでの作業のためのすべての条件を動かします。このキャブレターDAAZ-4178-1107010-30は、可能なすべての動作モードでエンジンに安定した出力と動作を提供します。

CXHの設計と操作

最低回転数でのアイドリングごく少量の混合物しか必要とされない。このような状況では、全閉スロットルがあります。しかし、ディフューザーの希薄化レベルは、SDSを実行するのに十分ではありません。

それはちょうどこのキャブレターDAAZ-4178-30のためのものですその設計にはアイドルシステムがあります。彼女の仕事はそのような混合物を準備することであり、それはバルブが完全に閉じられた状態でエンジンの安定した動作を確実にすることを可能にする。

システムのチャネルはのための特別なキャビティを結合しますスロットルと上室。モータがアイドリングしているとき、フラップの下に十分に高い真空が作り出される。それが燃料に曝されると、システムXXのチャネル内のエマルジョンのためのチャネルから入る。混合物中の空気に対する燃料の比率はジェットの能力に依存する。

それから混合物はスロットルを越えて行きます、そこで空気と混ぜる。このため、フラップとチャンバーの壁の間に技術的なギャップがあります。この隙間は、フラップレバーに取り付けられているネジで調整できます。これは、キャブレターDAAZ-4178-1107010が調整される量ネジです。

チャンネルを通過する混合物の量スロットルスペースは、コーンノズル付きの特殊ネジを使用して調整できます。このスクリューは混合物の質を調整する責任があります。ねじると、チャンネルの断面積が小さくなります。

スロットルがもっと開くなら滑らかになると、空気の量は大幅に増えますが、燃料の量は変わりません。 HDSはまだ希釈不足のためにこのプロセスに入っていません。その結果、リーンな混合とエンジンの故障が発生します。

ダズキャブレター4178 1107010 30

アイドルからスムーズに移行する特別な移行システムが装備されている中型モードキャブレターDAAZ-4178-1107010-40。それはアイドリングを担当するチャンネルにそのチャンネルを接続します。ここに特別な穴があります、それはバルブを開いた後それが最大真空のゾーンに落ちるように作られています。このチャネルはまた、いくらかの混合物をチャンバ内に受け入れる。モータのモード間のこの急激な遷移のために存在しない。

フラップが一杯になったアイドル時密閉し、空気を混合物に加える。組成はジェットの存在によって補償されます。あなたが混合物の量に責任があるネジを締めるならば、それからフラップは開きます。フラップとチャンバーの間のギャップが増加すると、空気の量は減少します。同時に、クランクシャフトの回転数は増加しています。ネジを緩めると、周波数が下がります。キャブレターDAAZ-4178のような装置では、調整ネジの回転によって調整が行われます。

加速器ポンプ

GDSキャブレターはスムーズなバルブ開放のプロセスでのみスムーズな操作。あなたがより突然それを開くと、形成の過程は妨げられます。失敗を避けるために、設計は特別なポンプを備えています。スロットルバルブが突然開いた場合は、一時的に混合気を増やします。

スターター

エンジン始動時クランクシャフト回転低回転。入口室内では十分に低い真空があり、そして燃料は非常に不十分に蒸発する。また、エンジンが冷えていると、燃料蒸気が吸気管に凝縮します。

起動プロセスをより安定させるために、DAAZ-4178-40キャブレターはより豊富な混合気を用意する必要があります。それで、チョークは閉じられ、スロットルは開きます。

モーター始動プロセスを容易にするために、キャブレターは特別な始動装置を備えています。動作原理により、それはそれを開く自動装置と同様にダンパーです。

Econostat

この装置は混合物をさらに強化するために最大荷重で作業します。これは混合室の一番上に設置されている噴霧器です。エコノスタット内の燃料は、燃料ジェットが設置されているチャンネルを通して供給されます。

電力モードエコノマイザ

モーターが最大出力を生み出すためには、混合気は非常に濃厚でなければなりません。

ダズキャブレター4178 1107010 40

それを調理するために、キャブレターDAAZ-4178-1107010と他のすべてのモデルはいわゆるエコノマイザを装備しています。このシステムはノズルに入る燃料の追加量を供給することを可能にします。しかし同時にそれは主燃料ジェットを通過しない。エコノマイザをオンにするには、特別なドライブが使用されます。

UAZのDAAZ-4178キャブレター

このデザインは、複雑ではありません工場キャブレター。これはまた2室エマルジョンタイプのキャブレターです。それは改良され、よりバランスのとれたフロートチャンバーの存在によって区別されます。混合物の品質を高めるために、デザイナーはスワラを使ってより改良されたチャンネルを作成しました。

始動時および負荷時のモーターの安定運転ここでGDSを提供することができます。最先端のCXXは、可能な限り低いクランクシャフト速度でより安定したエンジン運転を維持します。このキャブレターDAAZ-4178-1107010-40はアイドリングから負荷へのより滑らかな移行を可能にします。

インストール

このデザインを自己インストールするUAZでは、複雑な手直しは必要ありません。ただし、取り付けには126番目のキャブレターのより厚いガスケットが必要になります。敷設せずに設置すると、ポンプドライブが破損する恐れがあります。

取り付け

にキャブレターDAAZ-4178-1107010をインストールする方法UAZ車?まずエアフィルターとハウジングを分解する必要があります。それから人員配置装置を取り外した。これを行うには、コレクターからスタッドのネジを外し、新しいものと短いものと交換します。電気バルブは取り外され、定位置にリレーに取り付けられます。次に、古いキャブレターを新しいキャブレターにセットします。これの前に、必ず2つのガスケットを入れてください。これで、ノズルはホースで分配ノズルと接続する必要があります。それでは、アイドル状態のエネルギー制御回路の設置に進みましょう。

ダーズキャブレター4178調整

そして最後の段階で、キャブレター調整はDAAZ-4178-1107010です。だから、特別なネジの助けを借りてあなたは最適なエンジン性能を達成することができます。

キャブレターを調整するには?

DAAZ-4178のデザインはDmitrovファクトリーの他のモデルとはわずかに異なりますが、調整はだれにも問題を引き起こしません。

ダズキャブレター4178の仕様

キャブレターを調整するためには、燃料混合物の品質と量を左右する調整ネジを使用する必要があります。そのため、エンジンをアイドル状態に設定できます。多くの場合、アイドルモードは不安定で、適切な設定がないとマシンは動作しません。

メカニズムの設定

次にキャブレターDAAZ-4178を調整します。 キャリブレーションプロセスはいくつかの簡単なステップです。最初に電源装置を暖機する必要があります。キャブレターの混合物の品質を左右するネジは、ほぼ完全にゆるめてから約2.5回転締めます。

スクリューは燃料混合物の量に責任があります、運動量を設定するために必要です。これを行うには、運動量が約850-950になるまでネジを回します。次に、同じ品質のスクリューを使用して、最も高い回転数を見つけ、次に別の調整スクリューを使用して、再び900回転を戻します。高品質のネジがクランクシャフトを回転させるまで、これらの動作を繰り返す必要があります。

ダズキャブレター4178 1107010

回転速度が低下し始めた場合、あなたはより豊かなからリーンな混合物への移行を発見しました。それはネジの品質を締めてこの時点でそれを残すためだけに残っています。

今、あなたはもうキャブレターに触れることができませんDAAZ-4178。調整は完了です。しかし、アクセルに急激な圧力がかかっている状態で、最大回転数からアイドリングへの移行が正常に行われた場合は、そうなります。そうでない場合は、高品質のネジをゆっくりと回転させる必要があります。

そこで、DAAZ-4178キャブレターの技術的な特徴を見つけました。

  • 評価: