検索

著作権法

数年前から、国は最近、著作権に関する法律を採択した。以前は独立法であった場合、著作権の最も重要な規定は民法第4部に含まれています。ロシアの法律は普遍的な著作権法のように、著作権、著作者および出演者の権利と義務を保護するための主な仕組みについて言及しており、著作権の他の要素を規制しています。私たちの国で著作権がどのように保護されているかを理解するためには、著作権法を含む基本的な条項を参照する必要があります。

知的財産権が適用されます当事者、排他的権利、およびその他の個人的非財産権を含む。これらの権利のそれぞれにはいくつかの追加の権利が含まれています。著作権に関する法律では、知的作業の結果の著者は、その裁量でそのような結果を処分する権利を有すると言います。この権利の排他性は、作者だけが労働の結果とそれ以外の者を処分することができるということです。これは、権利の所有者の同意を得た場合にのみ、労働の結果を他の市民が利用できることを前提としています。著作権に関する法律は、キャリアの所有権に応じて知的財産権を置くものではありません。著作権に関する普遍的な条約についても同様です。言い換えれば、あるアーティストが別の人に属するキャンバスに絵を描いた場合、彼はその結果を処分する権利を失うことはありません。

個人の非財産権の数は、著者の権利としての権利は帰属します。著者は、例えば芸術作品を制作した人でなければならないことは明らかです。しかし、この法律は、著者が、それがそうでないことが証明されるまで、公表された作品の表紙にそのような人物として記載されている人物とみなされることを規定しています。これはどうやって理解できますか?法制化は関係を合理化し規制することを目的としているため、法律で法的虚構が頻繁に含まれています。原作権の場合、すべてが同じです。民事訴訟では、請求を行うことができる者を決定することが非常に重要です。そのため、法律は、著者がカバーに記載されているものであることを条件としています。もちろん、これはしばしばいろいろな形の不正行為につながることがあります。しかし、これは法律でも規定されています。したがって、著者であるが、表紙にはそのように記載されていない人は、司法当局に申請することができます。司法当局は、著者であることを証明します。

排他的権利が保護されている状態。そのような保護の必要性は、世界の著作権条約が開発された最後の世紀の途中で実現しました。同条​​約では、初めて多くの人々に知られている国際著作権保護マークが導入されました。作品に著作権保護表示があるという事実は、世界に公開された芸術は国家によって保護されていることを意味します。

過去半世紀にわたって著作権を受け取った重要な発展。これは、知的な仕事の結果を使用すると、私たちの時間が数百万になり、時には数十億ドルの利益をもたらすという事実によるものです。そのため、著作権保護の必要性があり、知的業務の結果の誤用は損失を引き起こすことはありませんでした。私たちの国では、依然として著作者の法的保護に重大な問題があります。しかし、国際ルールのすべての要件に対応する比較的新しい法律は、状況がすぐに別の方向に変化することを希望することを可能にします。

  • 評価: