検索

階段の高さ:GOST。段差の大きさと階段の行程の計算

階段のデザイン、その外観、利便性セキュリティはすべての家庭にとって不可欠です。成功したラダーデザインは、将来的にそれを使用します人々の全体的な快適さのレベルを増加させ、また部屋の人間工学のレベルに影響を与えます。スパン長さと幅、サイズのエンクロージャ、階段のステップ(GOST SNP)の数や高さ:建設の重要性と意義を考えると、法律の管理は、ほぼすべての要素を受けます。

階段

パラメータのタイムリーな計算の重要性

階段設計の基本寸法は、家の設計段階でも数えられます。はしごの階段の幅と高さによって、建築者は将来の建物の最も重要なパラメータを計算できます。

しばしば階段のプロジェクトを開発するとき建物の所有者の現行の規則および願いによって導かれる。建設および修理作業を管理する管理文書の遵守は必須です。結局のところ、美しい美しい階段の描画は戦いの半分です。デザインは、機能的、信頼性、便利、安全でなければなりません。

公共の建物や教育機関の階段に特に注意が払われています。

階段の建設はどのくらい正確ですか?

すべての階段を建てなければならない基準、規範、規則を含む文書は、GOSTとSNiPです。

コンクリートと鉄筋コンクリートの階段にはGOST 8717.1-84と8717.0-84があります。最後の文書は、金属構造でできた階段にも適用されます。

彼らのポイントのいくつかは、行進があり、どのくらいのステップを置くべきか、どのような高さにしなければならないのかが分かります。また、階段、敷地の幅、フェンスの種類が配置される角度を指定します。

いくつかの次元は特定の値で与えられ、他の次元はマスタービルダがそれらに適した数を選択できる範囲です。

「はしごの最適な斜面」とは何ですか?

階段が配置される角度民家、多階建てのアパート、または公共の建物での設計が推奨値です。最小角度は20度、最大角度は50度です。

小さい角度は、階段低い、すなわち、傾斜している。もちろん、これらのステップを乗り越えて落下の危険性を減らすのは簡単ですが、このデザインは何倍も長くなり、より多くのスペースを必要とします。しばしば、設計者は階段の長さを短くすることによって住人に居住空間を節約するよう勧めます。 GOSTは、50度での最大傾斜角度を設定します。急なステップは、上昇する人にとって安全ではありません。

しかし、屋根裏部屋やセラーへの階段の設置などの例外があります。ここでは、まれにしか使用できず、スペースが限られているため、急な階段を解くことができます。

階段の飛行

最適(プライベートハウス用)は、30〜35度の角度で傾斜した階段の飛行です。この指標の範囲は、人間の動きの自然なリズムに対応します。

プロジェクト開発の過程でどのようなデータが考慮されるか

はしご設計に影響を及ぼす最も重要なパラメータは次のとおりです。

  1. 各フロアの高さ。
  2. 内部施設の共通領域。
  3. 窓、ドア、開口部のレイアウト。
  4. 部屋の壁の形状と特徴(ニッチ、レッジ)。

これらのデータは、建設によって決定されます図面、階段の階段の高さになる影響、G​​OSTも必ず考慮されます。さらに、得られた数値から、はしごの全高、行進の長さ、回転領域の数と大きさを確認することができます。

確立されたパラメータの存在は、ラダー設計を計算する必要がないことを意味します。多くの要素が最終的な寸法(階段やフェンスの材質、装飾の種類、インテリアデザインに使用される材質)に影響を与えるため、個々のプロジェクトが必要です。

階段ステップ(GOST)の高さはどのように計算されますか?

構造物の傾斜角は、そこに何歩があるか、それらの高さ、およびそれらの間の距離に依存する。

標準は管理文書を定義します - GOSTとSNiP。階段の高さは12cm〜22cmです。特定のサイズの選択は、構造物の位置とその目的の影響を受けます。集中的に頻繁に使用される階段の場合、約14.5〜17.5cmの値を選択することをお勧めします。

ゲストの階段の高さ

トレッド深さと言えば(水平人が歩く平面)は、その最適な指標を示すべきである:許容される範囲は25cmから40cmであるが、最も便利なのは幅30〜37cmのステップである。

これらの値の正当性は、サイズ彼の足の幅だけでなく、平均的な人の足も。何らかの理由で最適なパラメータが適用できない場合や、階段の計画された傾斜がそのような寸法の段差の配置を妨げる場合、プロジェクト開発者は深さを14.5cmに減らし、同時に深さを2,3センチメートル(オーバーハング)増加させる突起を提供します。

ライザーとは何ですか?そのライザーの高さはどうですか

階段の高さは、立上り部のサイズと段差自体の厚さに直接依存します。ライザーは、2つのトレッドの間に位置する垂直要素と呼ばれます。

階段の幅と高さ

既に述べたように、標準的なステップ高さラダーは14.5-17.5cmです。この場合、パラメータを計算するプロセスは、利便性と安全性を義務付けています。これを行うには、トレッドの幅とライザーの高さを(図面に従って)折り曲げます。その量が44cmから48cmの範囲であれば、はしごは安全であるとみなすことができる。

ステップ数

標準的な階段には平均12-15ステップが含まれています。この量は、ほとんどの人が構造物の最初から最後まで静かに登ることを可能にします。

持ち上げられたはしごに必要なステップ数を決定するには、職人が次の方法を使用します。

  1. 階段の全長(第1階から2階の階までの距離)を計算または測定する。
  2. 結果の長さをライザーのおおよその高さで割ります。
  3. 結果のサイズを整数に丸め、新しいデータで再計算します。

このアルゴリズムは非常に単純化されています。実際の計算のプロセスには、他の多くの要素(階の床の厚さ、階段自体のタイプ、階段の仕上げ)が考慮されています。

コンクリート階段の特徴

今日、多くの住宅所有者のための階段デザインの選択は、高品質のコンクリート(グレードB15以上)のプレハブモジュールの存在によって促進されています。

それらは公認の製造業者によって製造されている、それ故にGOSTおよびSNiP(階段のステップの高さ、それらの深さおよび幅、ならびに傾斜角)のすべての要件は満たされる。

階段の高さ

そのような構造の使用階段の建設を容易にし、スピードを上げ、そして安くする。 ZhBはしごは非常に耐久性があり、様々な材料や技術で装飾することができますので、彼らは住宅の建物と公共の建物の両方に設置されています。

階段のデザインの特定の側面

階段の高さ(GOSTはただし、階段のすべての要素で同じである必要があります。これは必須要件であり、フロア間を移動する人のバランスを確保するように設計されています。

ステップ間の高さ

さらに、専門家は人々が言う階段を上り始めた足の上昇または下降を完了するのがより快適です。したがって、多くの設計には奇数の次数が含まれています。

行進の間のプラットフォームがいくつかのレベルで構成されている場合、それらの高さの差はステップの高さと等しくなければなりません。

らせん階段とそのステップ

ヘリカルまたはスパイラルをデザインするとき階段の設計者はzabezhnymiのステップに対処しなければなりません。それらの高さの要件はまっすぐな、回転、または複合構造の場合と同じままです。

しかしながら、段の特定の形状のために、トレッドの深さおよび梯子自体の幅は厳密な規制を受ける。

これは、従来のようにスクリュー構造に沿って移動するのが便利で安全ではないという事実によるものです。このため、設計者はそのようなはしごを主なものとして構築することをお勧めしません。

標準階段トレッド

登山にはらせん階段がよく使われます屋根裏部屋または交通機関の補助手段として。確かに、ネジ型の多くの現代的なデザインは非常に美しいデザインを持ち、部屋の主な装飾になります。将来の居住者の快適さを増すために、階段のステップ間の彼らの幅と高さは、最適なパラメータにできるだけ近いべきです。

らせん階段は全く適していません公共の建物や教育機関への設置。身体の不自由な人が家に住んでいる場合も、それらは避けるべきです。しかし、所有者がそれでも自分の家の中でそのような階段を見たいのであれば、彼はすべての重要な物と部屋(寝室、台所、居間)を1階に置くべきです。

  • 評価: